健康サポート

季節の健康トピック

急な温度変化による「ヒートショック」にご用心

「ヒートショック」という言葉をお聞きになったことはないでしょうか。これは、急激な温度変化によって血圧が大きく変動し、めまいや失神などを起こす現象です。場合によっては、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる病気につながることもあるので注意が必要です。

冬は暖房がある部屋と、そうでない部屋との温度差が大きくなりがちです。温かい部屋から寒い廊下に出たり、逆に寒い脱衣場から湯気の上がる浴室に入ったりすると、体が気温に適応しようとして血圧を上げたり下げたりします。その変動が急に起こると、ヒートショックを起こしやすくなります。

ヒートショックの予防には、部屋と部屋の温度の差をできるだけ小さくすることが有効です。トイレや脱衣場など気温が低くなりがちな部屋には、小型の暖房器具を置くようにするとよいでしょう。また入浴の際には、極端に熱いお湯に入ることは避けるようにしましょう。

最近は、部屋ごとでなく、家中の気温を一定に保つ「全館空調」を採用するハウスメーカーが増えています。中古住宅にも据え付けが可能なタイプもありますので、高血圧の持病を持つなどヒートショックが心配な人は、検討してみてもいいかもしれません。


ページの先頭に戻る


フォトギャラリー

求人情報

健康サポート

〒202-0021
東京都西東京市東伏見
5-9-14
電話:042-466-5150
FAX:042-466-9540


診療内容

整形外科、リハビリテーション、形成外科、レーザー治療、プラセンタ療法、にんにく注射、禁煙外来


診療時間

【午前】9:00〜13:00
【午後】15:00〜19:00

※受付は診療終了時間の15分前まで。

※土曜日は午前のみ。9:00〜14:00まで。

※土曜日の12:30〜の診療は予約手術が優先となります。


休診日

水曜日、日曜日、祝日


詳しい地図を見る